亀田 興 毅 試合。 違和感だらけだった亀田興毅“引退試合”― スポニチ Sponichi Annex 格闘技

亀田興毅が最後に望んだ“ボクシング”。河野公平という対照的な男との最終戦。

毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田

ただ、プロスポーツとしては…。

解説についた元王者のも、ローブローと思われるパンチを放ったと発言している。 WBA公式サイト 2012年12月6日• 公式試合ではなく、公開スパーリングとなったことで不完全燃焼の思いが残り、決意が揺らいだのかもしれない。

亀田興毅が最後に望んだ“ボクシング”。河野公平という対照的な男との最終戦。

毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田

THE PAGE(ザ・ページ) 2014年7月11日• プロレス [2月15日 0:00]• ボクシングニュース「Box-on! 2012年8月19日、で(タイ)と55kg契約10回戦を行い、2回にフックとボディーの左連打からダウンを奪ったが、タワッチャイのクリンチにも苦しみ3-0(100-89、100-89、100-89)の判定勝ちを収めた。 。 「引退試合」と銘打ちながら公式試合と認められず、実質は公開スパーリング。

1
まず、新宿歌舞伎町のホストクラブ AAA で支配人をしている神風永遠さん 28 歳。 東京スポーツ 2014年8月28日• 逆指名インタビュー(2017年10月30日、・チャンネル) 聞き手 ラジオ [ ]• 12回判定勝ちを収めて5度目の防衛と王座統一に成功した。

亀田惨敗でイカサマが証明された!・前回内藤戦でバンデージ疑惑 亀田父「おれを怒らせたらどうなるか覚えておけ」

毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田

14歳で、とを行った。 試合前1ヶ月間はを行なっていた。

2
最終ラウンドのゴングが鳴り、亀田はプレッシャーを強めて前に出て攻勢を仕掛けていく。 しかし、トラブル続きだった亀田大毅。

亀田興毅、ブログで語った今現在と昨年の収入/年収が悲惨…【嫁との結婚式&子供(長男・次男)画像あり】ファイトマネーも経費でほぼなくなりボクシング選手引退が近いことを示唆 : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田

日刊スポーツ 2014年3月20日• 2回に右ストレートでダウン。

試合前に興毅が「(勝ったら)ベルトはおやじに渡したい」と発言していたことを受けて、WBAは本来のチャンピオンベルト以外に父・史郎に対するベルトを事前に用意し、試合後にそれを贈呈した。

河野公平が大差判定勝ち、亀田興毅ダウンと減点2

毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田

世界バンタム級王者の和毅と亀田ジム関係者2人が、JBC職員が会見室から退室するのを妨害し、報道関係者を会場外に出し、JBC職員3人を残して全ての扉を閉め、興毅から「おかしいじゃないか」と脅され、外に出ようとしたところ和毅から首などを数回小突かれるといった暴行・恫喝によって精神的苦痛を受けたなどとして、興毅・和毅・亀田ジム関係者2人の計4人を相手取り、JBC職員3人のうちの1人の男性が1,000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に同月6日付で提訴したことを記者会見を開き明らかにした。 プロレス [2月14日 17:15]• 日本人初の3階級制覇。

7
2012年5月16日、・のセント・カタリナ・シーサイド・チャペルで結婚式を行った。 2月7日に弟・大毅がWBA世界フライ級王座を獲得したことで「日本人初の兄弟王者」となっていたが、この王座獲得で「日本人初の同時兄弟王者」も果たした。

亀田大毅

毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田

また、10月17日の夕方、大毅はトレーナー、金平桂一郎協栄ジム会長とともにを訪れ、前述の反則行為について謝罪会見を開いた。 それまでの普通の中学生生活が、一変してしまったのですね。 マッチメークは角海老宝石ジムの指示に従うこと。

5
2014年10月4日、6年間交際していた8歳年上の一般人女性と入籍した。 2人は東日本ボクシング協会に 協会預かり申請をしていたが、6月9日の理事会で要請を却下することを全会一致で決定。

亀田興毅の嫁がブサイクといわれてる?伊東美香ブログが人気!

毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田 毅 試合 興 亀田

東京スポーツ 2014年7月4日• 」 2010年12月28日• WBO公式サイト 2014年8月21日• 3月24日に両国国技館で行う予定の試合はノンタイトルの10回戦で、に階級を戻して臨むことを発表した。 スポニチアネックス 2012年11月11日• 吉井と嶋は2013年12月31日にライセンスの更新を行っておらず、ライセンス失効中であった。

7
スポニチアネックス 2013年3月16日• しかし、対戦相手のポンサクレックに対するボクサーライセンスをJBCが認めず、亀田側は公式戦でなおかつ8オンスグローブ、8ラウンドでの試合を希望したが、結局5月5日に公式戦ではないヘッドギア無し、グローブは10オンス、6ラウンドの公開扱いで試合が行われ 、2回12秒TKOで亀田が勝利。 また試合はアウェー、・で行われ、日本人世界王者としては史上4人目の海外防衛(興行:主催は「亀田プロモーション」)であった。