岩手 県 交通。 岩手県交通|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

【公式HP】岩手県ハイ・タク交通共済協同組合

県 交通 岩手 県 交通 岩手 県 交通 岩手

。 7月 - 一関地区でワンマンバス運行開始。

11
(昭和38年) - 岩手県南自動車、大東営業所を開設。 (平成25年) - JR運行開始に伴い、より運行業務を受託。

【公式HP】岩手県ハイ・タク交通共済協同組合

県 交通 岩手 県 交通 岩手 県 交通 岩手

鈴木文彦『新版・高速バス大百科』p182• 2017年4月1日をもって早池峰バスより全業務を移管され、「岩手県交通遠野営業所」として復活。 外部リンク [ ] に関連するメディアがあります。 (昭和32年) - との相互乗り入れで盛岡 - 遠野- 陸前高田間の特急バス運行開始。

11
この結果、バス利用者の更なる減少を招くことになる。 岩手県交通の観光トラベル課に事業吸収。

【公式HP】岩手県ハイ・タク交通共済協同組合

県 交通 岩手 県 交通 岩手 県 交通 岩手

同年10月には花巻バスも更生法適用を申請している。 (昭和59年)7月 - 滝沢村滝沢字巣子に巣子車庫新設。

14
釜石営業所担当(車両・乗務員共に)。 岳駐車場 - 盛岡駅 須川温泉線 [ ] 盛岡都心循環バス「でんでんむし」• 1~バスカードが使用できません。

浪板線・赤浜線[岩手県交通]のバス路線図

県 交通 岩手 県 交通 岩手 県 交通 岩手

遠野営業所 - 穀町 - 遠野病院前 - 遠野駅前 - 日影 - 綾織十文字 - 千葉屋敷 - 橋本 - 達曽部 附馬牛線 [ ]• (令和2年)• 今回の無償譲渡で県交通としても、岩手県としても初となる大型ノンステップバスが登場した• 同年の上り釜石発(下り池袋発は翌)より運行を再開。

10
(平成8年)10月1日 - 盛岡地区にてとのを導入。 (平成22年) - 岩手県北バスとのバスカードの共通乗車利用制度を終了(それ以降、発行事業者毎でのみの利用となる)。

浪板線・赤浜線[岩手県交通]のバス路線図

県 交通 岩手 県 交通 岩手 県 交通 岩手

また、よりの支援活動として、2011年6月より路線バス車両20台が無償譲渡された。 繁忙期は、一関営業所の貸切車両が増便として運行される場合もある。

5
本社は北上市にあるヤマト運輸東北支社・岩手主管支店内。 車両は独立3列シートのハイデッカー車両(所属、いすゞ・ガーラ)を使用する。

岩手県交通|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

県 交通 岩手 県 交通 岩手 県 交通 岩手

(昭和30年 4月 - 岩手県南自動車、「」開業。 利用状況 年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員 2002(平成14)年度 364 727 12,129 33. - 高速バス「」運行開始。 0 2004(平成16)年度 365 1,077 25,843 70. (昭和25年)11月 - 大迫営業所を開設。

16
中央バスでは一元化を見据えて、1974年11月30日に新会社として「岩手興業」を設立し、岩手中央バスの事業を移管した翌日に新会社として「岩手中央バス」を設立し再度事業を移管、中央バスとしては負債のない状態にした。 (平成27年) - この日の出発便から浦和美園駅への乗り入れを開始。

盛岡地区

県 交通 岩手 県 交通 岩手 県 交通 岩手

概要 [ ] 前身は戦時統合により発足した岩手中央バス(中央バス)・花巻バス・岩手県南バス(県南バス)の3社である。 平日のみ運行• (平成27年) - 当日の運行をもって「みちのく号」運行より撤退。 分離子会社を設立し、遠野営業所を移管。

7
利用状況 年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員 2002(平成14)年度 365 894 18,805 51. 1~一部便でバスカードが使用できません。

岩手県交通

県 交通 岩手 県 交通 岩手 県 交通 岩手

, 2021年1月19日閲覧。

19
岩手中央自動車は戦後間もない1948年に花巻地区を花巻バスとして分離した。

浪板線・赤浜線[岩手県交通]のバス路線図

県 交通 岩手 県 交通 岩手 県 交通 岩手

1970年代までに国際興業バスから譲り受けた車両は経費節減のため塗り替えずに使用していた。 岩手県外 [ ]• また、2019年にはからの移籍者も誕生している。 (昭和48年) - 本社を北上市に移転した上で花北営業所を併設し、北上営業所・笹間営業所を統合。

6
松園深夜線• 5月 - 岩手県南自動車、高田出張所開設。