グリーン 車 料金。 特急料金など

新幹線のグリーン料金・グランクラス料金|JR新幹線ネット

料金 グリーン 車 料金 グリーン 車 料金 グリーン 車

0%となっています。 18,150円 - (やまびこ正規料金)• 【在来線】 営業キロ 100キロまで 200キロまで 201キロ以上 グリーン料金 1,050円 1,600円 2,570円 DXグリーン料金 1,680円 2,720円 3,770円 グリーン個室料金 2,100円 3,200円 5,140円• また、自由席特急料金やグリーン車、寝台車をご利用になる場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金の530円引きです 通年同額です。 7,140円 - (やまびこ普通車指定席・期間限定). 5,320円 - (グリーン車)• ・JR九州内の在来線をご利用の場合 閑散期・繁忙期はありません(通年同額です)。

12
新幹線のグリーン料金を通算できる場合とできない場合 新幹線の改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いだ場合、グリーン料金は原則として通算します。

グリーン車Suicaシステムをご利用に際してのご注意|普通車グリーン券の利用|利用方法|Suica:JR東日本

料金 グリーン 車 料金 グリーン 車 料金 グリーン 車

普通・快速のグリーン料金は、指定席、自由席とも同額です。

11
東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線が対象になります。

東北新幹線

料金 グリーン 車 料金 グリーン 車 料金 グリーン 車

(平日料金の場合) 1. 割引価格は変更になることがあります。 5,170円 - (普通車自由席)• グリーン車とグランクラスを乗り継ぐ場合や、グランクラス料金が異なる列車を乗り継ぐ場合のグリーン料金・グランクラス料金の計算例 例 1)郡山~仙台間を〔やまびこ〕のグリーン車に乗車し、仙台駅で〔はやぶさ〕のグランクラス A に乗り換えて新函館北斗駅まで乗車する場合のグリーン料金・グランクラス料金は、郡山~新函館北斗間のグリーン料金6,990円と、仙台~新函館北斗間のグランクラス(A)の料金15,370円から仙台~新函館北斗間のグリーン料金6,990円を差し引いた8,380円との合計額15,370円となります。

新幹線 列車別のグリーン車の号車と有無 列車 グリーン車の号車 運行区間 のぞみ N700系 8、9、10号車 東京~博多 みずほ N700系 8両編成 6号車 新大阪~鹿児島中央 さくら N700系 8両編成 6号車 新大阪~鹿児島中央 ひかり N700系 8両編成 6号車 新大阪~博多 ひかり N700系 8、9、10号車 東京~博多 ひかりレールスター 700系 なし 新大阪~博多 こだま N700系 8両編成 6号車 新大阪~三原、新下関~博多 こだま N700系 8、9、10号車 小倉~博多、東京~新大阪 こだま N700系 8両編成 なし 新大阪~博多 こだま 500系 8両編成 なし 新大阪~博多 かがやき 11、12号車 注 東京~金沢 はくたか 11、12号車 注 東京~金沢 つるぎ 11号車 富山~金沢 (注)「かがやき」「はくたか」の12号車はグリーン車よりも上のグランクラス グリーン車の料金 グリーン車は普通車の料金にさらに上乗せでグリーン料金が必要です。 新幹線の改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いだ場合、グリーン料金は新幹線のグリーン車・グランクラス利用区間を通しで計算します 北陸新幹線及び東北・北海道新幹線をまたがって利用する場合を除く。

東京-盛岡の運賃と料金|JR新幹線ネット

料金 グリーン 車 料金 グリーン 車 料金 グリーン 車

グリーン料金は実際にお乗りになる区間の営業キロによって計算しますが、特急(急行)と快速(普通)では料金が異なっています。 また、ゴールデンウィーク期間、お盆の時期、年末年始は利用不可、有効期限は6カ月なので要注意。 ・閑散期に新幹線・特急の普通車指定席をご利用の場合、通常期の指定席特急料金から200円引きとなります。

6
12,550円 - (やまびこグリーン車)• 例えば、常磐線の勝田駅から品川駅乗り換えで東海道線の熱海駅まで向かう場合は1000円です(平日事前料金)。 普通・快速列車限定となっている青春18きっぷですが、本州四国を結ぶ快速「マリンライナー」などに連結されるグリーン車指定席には乗車できません。

名古屋-京都の運賃と料金|JR新幹線ネット

料金 グリーン 車 料金 グリーン 車 料金 グリーン 車

〔サフィール踊り子〕、〔スペーシアきぬがわ〕のグリーン個室は、個室単位で発売します。 グリーン券は特急券と同じ1枚のきっぷになります。

14
新幹線 ・東京~新大阪 普通車自由席=4870円、普通車指定席=5700円、グリーン席=1万480円 ・東京~仙台「やまびこ」利用の場合 普通車自由席=4430円、普通車指定席=4950円、グリーン席=8540円 在来線特急 ・新宿~松本「スーパーあずさ」 普通車自由席=2380円、普通車指定席=2900円、グリーン席=5470円 ・大阪~金沢「サンダーバード」 普通車自由席=2380円、普通車指定席=2900円、グリーン席=6490円 ・岡山~松山「しおかぜ」 普通車自由席=2380円、普通車指定席=2900円、グリーン席=6490円 普通列車 ・岡山~高松「マリンライナー」 普通車自由席=0円(運賃のみ)、普通車指定席=520円、グリーン席=980円 ・東京~熱海 普通列車 普通車自由席=0円(運賃のみ)、普通車指定席=なし、グリーン席=980円(平日事前料金) ・東京~熱海 東海道新幹線「こだま」 普通車自由席=1730円、普通車指定席=2250円、グリーン席=4480円 チケットの買い方 駅の窓口、自動券売機、東海道新幹線のエクスプレス予約などwebで購入してチケットレスで乗ることのできる列車もある。

グリーン券:JR東日本

料金 グリーン 車 料金 グリーン 車 料金 グリーン 車

都内のターミナルから横浜・湘南の日帰りスポットへ行くのに利用できる距離です。 【4】遠くまで乗れば乗るほどお得 首都圏の普通列車グリーン料金は、51km以上どこまで乗っても800円(ホリデーの事前料金)。

自由席特急券は、1列車1回に限り1日間有効です。 ゆったり乗車できることから、ラッシュアワーの混雑を避けたい時や長距離旅行、ハイクラスの人々の移動などに長く愛されてきました。

特急・急行のグリーン料金│きっぷのルール:JRおでかけネット

料金 グリーン 車 料金 グリーン 車 料金 グリーン 車

この場合、それが 「職務に必要と認められる範囲」での利用であれば、必ずしも「旅費規程がないからダメ」とはなりません。

また、普通車であれば隣の席が空いていれば子供に使わせてしまっても車掌さんは黙認です。 会社側としては、旅費の取扱であろうと、給与の取扱であろうと必要経費には変わりはありません。